【妊活ー症例】冷え性が改善できて妊娠した女性!

妊活、不妊症の改善例

お客様:女性 30代前半

来院:2016年8月

最も改善させたい症状 :不妊症、頭痛、冷え性

同時に抱えていた症状: 体のだるさ、首こり、肩こり

東大阪市在住の会社員

来院の経緯

今回ご紹介させて頂く彼女は、やっと授かった命を流産してしまった経験がありました。妊娠中に体調が悪くなり、病院へ行ったが治療はしてもらえず、整体や整骨院でも診て貰えず、結局、流産してしまったそうです。

 

当院へのご来院はそんな心の傷を負って間もない時でした。
体を早く癒し、次の妊娠に向けて進んでいきたい気持ちでサポートをしてくれるところ、なおかつ、妊娠中も施術を受け入れてくれるところを探して当院に辿りついたそうです。

 

カウンセリング・検査

ご本人が今回流産してしまった原因の1つとして考えていたのは「冷え症」の問題でした。
足が冷たいという感覚も少なく、しもやけになってしまっていたそうです。

 

しかし、体温は36.5度くらいはあることからエネルギーを作ることはできているので、体全体が冷えているわけではなく、末端にそのエネルギーが伝わっていないだけということが考えられました。

 

また、検査では頭が硬くて重くなってしまっていることもわかりました。
この状態は体の水分循環が良くない状態で、脳(下垂体)から分泌されるホルモンも卵巣に届きにくかったり、卵巣からのホルモンも下垂体に届きにくいというのが問題点でした。

 

カウンセリングでは、
・彼女の自信を喪失した心の傷をいやすこと
・流産した悲しみ
・自分を責める気持ち
を癒し、自信を取り戻して頂くことに集中しました。

 

施術

冷えに関しては内臓の問題。頭痛、首こり、肩こりについては原因がこれらの各部分にはなく、右手の指や腕にありました。
ここまで解ればあとは改善できるように施術していくだけです。

 

・体の水分(脳脊髄液、血液、リンパなど)の循環を改善。
・内臓ー肝臓、腎臓、膵臓を中心に施術。横隔膜の負担軽減。
・筋骨格ー上肢下肢の筋肉の緩和(特に右腸腰筋、右の手の指、右手前腕)
・手首足首の負担軽減。
・頭へのアプローチ。

 

これらが施術の主な内容でした。
これらを最初は3~4日おきに3回施術を行い、体が少し良くなってきたところで、次の段階として生理周期に合わせて施術していきました。

 

3回目の施術までで頭痛が完全になくなり、首や肩のこりもほぼなくなりました。

 

冷え性は、初回の施術後にものすごく足が軽くなったそうで、2回目の施術前には「足が冷えている」という感覚が感じられたそうです。(それまでは冷えているという感覚すらなく、しもやけになっていました。)

 

4回目の施術以降は全く冷えも感じなくなり、脚全体がポカポカした感じがあったそうです。

 

こうして、体の状態が徐々に良くなるのと同時に、カウセンリングによって心も軽くなっていったようで、自分自身の体に自信が出てきたようでした。

 

妊活や不妊症で悩んでいる方々のほとんどが自分自身(心身ともに)に対して自信をなくしてしまっています。
しかし、体は悪いところばかりではありません。
良いところもたくさんあります。
「ご安心ください。大丈夫です。」
1つ1つ検証しながらどこがどう良くないのかを調べて、良い状態にしていくと心配事も減ってきますよ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加