【症例ー妊活】1年以上不妊治療をしても妊娠しなかった女性 | 守口

妊活子宝整体で授かった方の症例

お客様:女性 30代前半

来院:2015年10月

最も改善させたい症状 : 不妊症

同時に抱えていた症状: 体のだるさ、腰痛

守口市在住の会社員

来院の経緯

コウノトリ

1人目は自然に妊娠できたものの2人目はなかなか授からず、病院で不妊治療を受けていました。

 

仕事に通いながらの不妊治療はなかなか大変で、何とか1年以上続けてきたものの授かるどころか体調まで崩れてくるといった状況。

 

そんな中で上のお子さんの幼稚園で一緒になったママ友から「私も病院で1年くらい不妊治療をしていてうまくいかなかったけど、体を整えるつもりで妊活専門の整体に通ったら妊娠したよ!」という話を聞き、ご紹介でご来院されました。

 

カウンセリング・検査

検査させて頂いたところ、体全体が硬くて心身ともに疲労感いっぱいでした。
生理痛や生理不順はなく、周期が理想よりも少し長めですが、一定周期できちんと生理が来ていたようで自分で排卵もできていたようです。

 

病院の先生の話を聞かせて頂いたところ卵の育ちが少し遅い目だと言われていたとの事でした。

 

これらのことから体の水分循環が良くないのではないかという想像がつきます。
また、体の歪み・内臓の疲労と歪みによって、子宮のみならず内臓全体が体の左側へ寄り気味になっていました。

 

施術

初回の施術

初回の施術のタイミング(生理周期)は、卵胞期(卵を育てる時期)でした。
まず、体の歪みと水分循環を改善し、体に溜まっている疲労を少しでも改善していくこと。

そして、精神的にも疲れていた心を解きほぐし、心身ともに自律神経の乱れを正常に戻すことを心がけました。

 

2回目の施術

前回と同じ施術に加え、内臓と頭へのアプローチを行いました。
頭は司令塔で、「卵を育てろ!」っていうホルモンは頭の中にある下垂体という所から分泌されている重要なところです。

 

3回目の施術

施術に入る前にこの女性からひと言。

女性「先生、妊娠したかも…」
院長「マジで~!検査薬で反応出たの?」
女性「はい、はっきり出ました。」
院長「病院へ行った?」
女性「はい、『おめでとうございます。』って言われました。」

私がビックリするくらいの早さでした。

 

とは言っても、まだ心音が確認されていないので安心はできません。
嬉しい気持ちを抑え、冷静に施術をさせて頂きました。

 

考察

こういうケースは当院でも珍しく、初回の施術のタイミングが良かったのと、この女性が妊娠するにあたって障害となっていた部分が、初回の施術でしっかり解除できていたからでしょう。

 

また、初回に加えて2回目の施術で頭からの「卵を育てろ!」というホルモンがしっかり卵巣に届き、内臓の歪みも改善できていたことで卵巣本来の働きが蘇ってきたのだと考えられます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加